• ホーム
  • ダイエットに効果的なアミノ酸を含む食材とは?

ダイエットに効果的なアミノ酸を含む食材とは?

アミノ酸はアスリートや成長期の子供にとって大切な栄養素ですが、健康維持やダイエットのためにも効果的だとして注目されています。脂肪燃焼のために役立つので、余計な体脂肪を燃焼させて筋肉を作ったり、健康のためや体の機能を正常に保つために毎日きちんと摂取するのが理想的です。

アミノ酸は筋肉の形成に大切なので、たんぱく質の食材に多く含まれています。代表的なものはたまごやささみ、大豆製品で、どれも日常的に手に入る食材ばかりです。普段の食事にたまごやささみを摂り入れると、ビタミンも同時に摂取できるので更に効果的です。大豆製品は日本人に馴染の深いものばかりなので、豆腐や味噌を使った和食を好んで食べる人なら誰でも無意識のうちにしっかり栄養補給ができてしまいます。

ダイエット中に過度の食事制限をすると、生きていくのに必要なビタミンやミネラルのほかにアミノ酸も不足しがちです。お肉を食べると太ってしまうようなイメージがあるので、ダイエット中はなるべく肉やたまごを避けてしまいますが、たんぱく質は筋肉を作るために大切なので積極的に食べると引き締まった体になって、代謝もアップして体脂肪の撃退につながります。

良質なたんぱく質にはアミノ酸がたっぷり含まれているので、ささみを始めとする鶏肉のほかにも牛肉、あじやさんま、まぐろやカツオなどの青魚、高野豆腐やチーズもおすすめの食材です。メインのおかずとして毎日2品くらい選んで食事に摂り入れると健康によく、筋肉が発達する以外に肌や爪などもきれいになって一石二鳥です。脳の働きにも影響していて、活性化させるのによいとされています。

持久力のアップや免疫力アップにもなり、体調を毎日コントロールしなければいけないプロのアスリートもアミノ酸に注目してダイエットに励んでいます。食材から摂取するのが難しいならパウダー状で飲みやすい商品や、スティックタイプで外出先でも気軽に飲める商品もたくさんあるので活用してみましょう。特に必須アミノ酸に分類される種類のものは、生きていくために不可欠です。

たんぱく質なのでお肉が苦手だと鶏肉や牛肉が食べられず、魚も嫌いな場合は不足して慢性疲労や肥満になりがちです。それならなるべく大豆製品を選ぶようにすれば、植物性の良質なたんぱく質をしっかり吸収して丈夫な体を作れます。肉体労働やスポーツの場面だけではなく、デスクワークでも眠気を追い払ったり慢性疲労の克服やパフォーマンスの向上に威力を発揮します。

アミノ酸を配合したドリンクもあり、食材からの摂取が難しくて粉末状も苦手だという人におすすめです。ダイエットの基本である新陳代謝を盛んにするために大切で、摂取したカロリーを素早く運動エネルギーに変換して外に出してしまします。運動が好きな人も苦手な人も、栄養だけはしっかりと補給することが大切なのでアミノ酸が含まれている食材やサプリを使って代謝を上げましょう。