• ホーム
  • 無理なダイエットが体にもたらす影響とは?

無理なダイエットが体にもたらす影響とは?

なるべく早く痩せたいと思って必死になってダイエットに取り組んでいると、体に負担がかかりすぎて体調を壊すことがあります。特に断食や極端に偏った食生活をしたり、今まで全く運動をしなかった人が急に激しいスポーツを始めたりすると、その影響でさまざまな健康被害が出てきます。

女性によく見られるのはホルモンバランスの崩れで、エストロゲンが分泌されなくなってしまって生理が来なくなったり不定期になるパターンがあります。あまりにも摂取カロリーが少ないと、生きていくのに必要な機能だけが作用して生殖機能などは一時的にストップしてしまうため、ホルモンバランスの乱れが生じてエストロゲンが足りないのが原因です。

エネルギーを減らすことばかり考えていると、お肉はカロリーが高いので食べなくなってサラダだけの生活や水を飲むだけのような極端なダイエットに取り組む人もいます。お肉には脂肪分のほかにも貴重なビタミン類やミネラルが多く含まれていて、特に鉄分は健康に影響を与える大切な栄養素です。鉄分が不足すると貧血になってしまい、立ちくらみやめまい、慢性疲労などに襲われて、日中いつも眠かったり目の前が真っ暗になったりして、危険を伴います。

一度貧血になってしまうと治療するのは大変で、毎日鉄剤を飲み続けたり、失われてしまった体の機能を回復させるのに時間がかかります。特に女性は生理の度に大量の血液が失われるため、ダイエット中でもなるべく多く鉄分を摂取することがとても大切です。お肉を食べることに抵抗があるなら、少量のレバーを食べましょう。レバーは栄養がたっぷりあるのにカロリーは脂身の肉に比べてずっと少ないので、貴重なエネルギー源を確保できます。

無理なダイエットをしているとエネルギー不足で頭の回転が悪くなり、仕事や学業にも影響が出ます。スポーツでも燃焼するためのエネルギーがないため体を満足に動かせず、効率が落ちてしまいます。断食を続けていると体が危険信号を出して飢餓状態になってしまい、さまざまな機能がストップしたり失われていくほか、見た目でも髪がぱさぱさになり爪が割れたり、肌に艶がなくなってニキビや肌荒れが増えてきたり、老化が進む原因にもなります。

美しくなりたくてダイエットを始めたのに、無理をしたせいで逆に老化したり外見が悪くなると何の意味もないので、過激な方法は禁物です。最悪の場合は不妊症になってしまったり、拒食症、うつ病など心の病にかかって入院したり、何年も治療を続けなければいけないような事態に陥ってしまいます。適度に脂肪を落として引き締める程度の緩やかな方法なら問題はありませんが、激やせを目指して短期間で一気に痩せようとしている人は要注意です。

無理をして体調を壊したりホルモンバランスが崩れて貧血になったりすると、後から治すのは大変です。自分の体が発するシグナルに耳を傾けて、不健康になっていると感じたら専門家に相談するなど早めに対処することが大切です。